Month: 1月 2018

日本全国どこでも大きな地震は起こり得るのでしっかり備えたいです

今朝目が覚めてテレビを付けると画面には「津波!にげろ!」の文字が。
目覚めで寝ぼけていた私の頭には「?」マークがいっぱい浮かんだのですが、すぐに大きな地震があった事を理解しました。
テレビ画面の右下には津波警報を示す赤い帯の描かれた日本地図も出ていてとても怖くなりました。
幸いにも津波被害もそれほど無かったようで安心しました。
女性は15センチで足をさらわれてしまうと言いますし、小さいからと言って油断できませんからね。
大袈裟すぎるほどに避難を促すのは凄く良い事だと思います。
あれだけの恐ろしい津波被害からまだ数年しか経っていないので油断している人なんて居ないでしょうけども・・・。
しかし東日本大震災から5年以上経ってるのにまだこんなに大きな余震が起こるんですね。
いかに巨大な地震だったかと言う事を改めて思い知らされます。
南海トラフ地震なんかもそろそろ起こると言われているのですが、終わったからもう安心と言うわけじゃないと言うのが更に怖さを増幅させます。
私の住んでいる地域も最近少し地震が多いので改めて防災用品の見直しや買い足しをしておきたいと思いました。脱毛ラボ 単発脱毛プラン

今年初めての積もった雪で雪だるまを作ってみた

初雪、窓を開けて驚き、「雪が」思わず声を発してしまった。うれしい気持ちと出かけるときや何をするにも時間を妨げてしまう交通の不便さ。半々の気持ちが入りまじる中、外に出てみようと思った。雪景色は想像以上の世界、テレビなどで見る画面とは迫力が違う。また意外にも温かい事。雪かきも仕事に加わる中、小さな雪だるまを作ることにした。それは久しぶりの感触。冷たいながら握る白い粉のような物体。童心に帰ったような幼いころを思い出す。雪合戦をしたことや鎌倉を作った記憶がよみがえるのである。家に入ると室内の様子に気が付く。明るいということに、雪の白さが反映して部屋の中を温かく見守ってくれる色味。室内でゆっくり過ごすにはいい景色、風情を感じ季節を感じさせてくれる。ただちょっと大変なことは外出の際の買物等。車という手段を普段利用しているだけに車を運転できない交通事情となれば歩く以外に方法がないという事。たまには銀世界を歩きながらの道も悪くはない。人のたどった足跡を追いながら自分のめがけていく方向を目指すのである。少しの買物が長旅になりそうだが足跡を懐かしく追う姿にニンマリする自分を発見した。